奈倉まゆみの描きつづり

twitterのまとめ、自作のイラストや漫画、思ったことなど

隠された東宮妃

私は、『枕草子』の「淑景舎東宮へまゐりたまふほどのことなど」の宮中での家族団らんのシーンが好きで、なのに帝と東宮が水を差すように、それぞれの后妃を召すのです。しかし、この時の姉妹のやりとりもかわいい!!てれながら、お互いに上るのを遠慮しあうのです。姉妹揃って貴人に愛されるなんて、なんて素敵。

 

けれども、私は知らなかったのでした。東宮にはすでに王子がいたことを。

 

その後、東宮、のちの三条天皇の御子を六人も生んだのが、小一条皇后、宣耀殿の女御など呼ばれる藤原娍子だと知ります。

 

宣耀殿に盗賊が入った時は、東宮自ら駆けつけたと『権記』にありまして。

短絡的に、東宮の愛を感じてしまいます。

 

彼女の叔母は、村上天皇の女御芳子です。

髪がとても長くてかわいらしく、古今和歌集を丸暗記していた才女だったとか。

娍子の父済時は、この芳子とともに、村上天皇に箏の琴を習っており、それは娍子に引き継がれます。

 

芳子の伝説も重なり、済時に后がねとして育てられた娍子は、若い貴公子たちの気になるところだったでしょう。

 

芳子の子である永平親王花山天皇も彼女を求めたとか。

(永平親王については、まだ思うところがあるのですが)

 

しかし、済時は二人とも癖が強いので、なんとか守り抜きました。

そして、居貞親王の召しを受け、叔母と同じ宣耀殿を賜ったそうです。



居貞は四人の后妃を迎えています。

兼家の娘綏子

済時の娘娍子

道兼の娘原子

道長の娘妍子

 

妍子を除けば、入侍後父を亡くした、後ろ盾の弱い后妃ばかり。

そして、道長一条天皇との関係作りに躍起になっていたばかりに、影の薄いまま、長い東宮時代を送った居貞親王

 

綏子と原子は東宮の子を授からずに夭折しますし、妍子が上るのはかなりあとです。

綏子が里下りしている頃も入れれば、娍子しか妃がいなかった頃は、十年余り。

六人もの子に恵まれたということも考えると、仲睦まじく寄り添っていたのではないかと思ってしまいます。

 

 

f:id:nakuramayumicom:20210220102717j:plain

f:id:nakuramayumicom:20210220102729j:plain

※漫画は創作です 

 

参考:倉本一宏『三条天皇ミネルヴァ書房