読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈倉まゆみの描きつづり

twitterのまとめ、自作のイラストや漫画、思ったことなど

東日本大震災から6年

漫画 メイキング 東日本大震災 日記

東日本大震災から6年

昨日で、東日本大震災から6年。

被災時の話題になるたびに、あの頃を思い出し、言いようのない冷たいものが、背筋を通る気がします。

ちょうど地震が起きた頃はたまたま職場でテレビを観ていて、静かにやってくる津波が、まさか数メートルもあって、日常をごっそりと攫って行っていたなんて思わなかった。

当時住んでいた長崎ですら、道路標示に津波注意報が出ていて、関東の沿岸部では謎の火災が起きていて、時間が経つごとに、知りたくないほどにわかってくる現実。

あれほど大きな災害が、日本で起きるなんて。

そして、震災はまだ終わっていない。復旧できない被災地、未だに続いている地震、解決しない原子力発電の問題。

私たちにも無関係ではない。

阪神大震災のように、まだ過去の話にはできないと思います。

 

漫画の背景

背景は練習不足だと常々思います。

パース定規がもっとつかいこなせたらな。

 

とりあえず、フリーハンドの背景の下描き。

平安時代の内裏をイメージ。

 

f:id:nakuramayumicom:20170310171233j:plain

 

パース定規を入れてみたら、メチャクチャだったので、補助線を描き込みました。

f:id:nakuramayumicom:20170310171305j:plain

 

チマチマ描き込みました。

f:id:nakuramayumicom:20170310171333j:plain

質感に欠けますね。

 

軒下や細部を描き込んでいってみました。

f:id:nakuramayumicom:20170310171346j:plain

 

少しは見れるようになったかな?

梅の花ももっと描き込めばよかったかもしれないですが、こういう手間をつい惜しんでしまう。

 

ところで、これ、内裏のどこなんだ?って話なのですが、私の中では決めてあります。そしてそれに、参考にした俯瞰図にない細殿を加えています。

 

なぜこんなことをしたのかと言うと、フィクションであるから。

そして、回廊を描きたかったからです。

しかし、下手なので、こういうことはもっと上手くなってからかな。

 

印刷してみました 

このページ、4年ぶりに印刷してみました。

印刷をしないといけない原稿があるので、その制作前に一度見てみたいのもあって。

 

思ったより綺麗に印刷できたので、ちょっとだけ進歩を感じました。

 

 

estar.jp

 

© 奈倉まゆみAll Rights Reserved.
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。