奈倉まゆみの描きつづり

twitterのまとめ、自作のイラストや漫画、思ったことなど

和歌

公任と花山院、「紅葉の錦」をめぐって

『十訓抄』の話がおもしろかったので、その話を元に描いてみました。

身に近き名を頼むとも

藤原道長の異腹兄藤原道綱は、藤原実方とは歳が近く、源満仲の娘を巡ってあったようですが、仲がよく、実方の家集には歌のやり取りが残されています。 秀歌もあるのに、こんな歌をピックアップするのもけしからんと言われそうですが、本当に仲がよかったから…

香を睦まじみ

コラボ中の小説版『あやし瞳の、艶姿』で香の話題が出たので、思いついた漫画です。

離れて気付く想いの深さ

街のクリスマスムードが深まると、ちょっと恋の話などしたくもなります。 前回は藤原道信の失恋の話をしましたが、今回は藤原実方を。

二人の間で解けたのは(公任と斉信)

平安時代、一条朝の四納言と呼ばれ、藤原道長の優秀な部下でもあった藤原公任と藤原斉信の関係は興味を惹かれます。

藤原実方のことを少し

最近、知ったのですが、歌人が個人で和歌をまとめた私家集というものが結構残っているのですね。 古典文学に詳しい方からすると、何を今さらと思われてしまうかもしれませんが、和歌と言えば、浮かぶのが、百人一首と勅撰和歌集なので。 ちょっと資料を探し…